2次元DWG(DXF)からの部品作成 その1


2DCADからDXFやDWGをSOLIDWORKSのスケッチに取り込み、押し出しコマンドを使用して3D化する方法をご紹介します。
取り込んだ線には拘束が付加されません。
変更を行うと形状がくずれてしまうため、変更を行わないモデル(購入品、ワークなど)に対しては有効です。
変更が必要なモデルの場合は、1から作成した方が変更に強いモデルを作成できます。

練習目的

・2次元図面の挿入
・使用済みスケッチの再利用
 

  1.  新規図面に、スケッチとして2次元図面を挿入します。
    部品を新規作成し、ツリーから【正面】を選択後、【挿入】-【DXF/DWG】を選択します。
    【ファイルの種類】を【Dwg】とし、講習データフォルダの【2次元DWGからの部品作成】フォルダから【2D.dwg】を選択し【開く】をクリックします。
    2次元DWGからの部品作成ダウンロード(2011形式)

  2. 【DXF/DWGインポート】ウィンドウが表示されるので【次へ】をクリックします。

  3. 【DXF/DWGインポート-ドキュメント設定】ウィンドウが表示されます。
    【寸法のインポート】にチェックを入れ、【次へ】をクリックします。

  4. 【次より近い点をマージ】にチェックが入っている事を確認し、完了します。

  5. 【はい】をクリックします。

  6. スケッチに、2次元図面が挿入されました。

  7. スケッチを終了し、を実行します。
    下図の部分を両側に40mm押し出します。
    ※輪郭選択を使用します。【40】は手動入力します。
     
  8.  今使用したスケッチを再利用し【押し出し】を行います。
    ツリーから【押し出し1】を展開し【スケッチ1】をクリック後、【押し出し】コマンドをクリックします。

  9.  内側の面を選択し、両側に18mm押し出します。

  10. 再び使用済みスケッチを利用して、3つの円の外側を、両側に40mm押し出します。

    2次元図面(DXF/DWG)を取り込んだ線分には拘束が付いていません。
    不要な変形を防ぐため、購入品等、形の変わらない部品だけにしましょう。